学生

学童で英語を身につける

学生

アフタースクールはインターナショナル系の学童保育のことを言い、東京都内であると、3つの企業が運営をしています。これに関しては費用は割高ではありますが、親の仕事が忙しいけれども子どもの習い事に力を入れたい家庭にオススメです。

詳細を確認する...

沢山の受験生が通っている

学生

医師になるためには厳しい医学部試験に合格しなければならないので、医学部予備校に通って勉強している人が沢山います。しかしどこの医学部予備校に通かによって受験の合否に大きく影響してくることもあるので、その点は十分に注意する必要があります。

詳細を確認する...

日本語の力が試される

日本人が作成している

学生

大学受験における英語の試験は、そのほとんどが英語力があることを前提にしています。もちろん大学によって多少違うでしょうが、おおむねセンター試験+α程度のものです。これを難しいととるかどうかはさておき、大学入試で最も問われるのが、しっかりした日本語を指示に従ってかけるかどうかです。英語の文章が完璧に読めるよりも、なんとなく要約する能力や、よくでる問題でしっかり理想の書きかた(見た目と差し替えてもよい)ができているかを、さまざまな角度で試してきます。特に下線部和訳はシンプルな問題ですが、手っ取り早く相手に伝える能力を問うことができます。100語程度の要約問題では、論点の整理能力とキーワード索敵能力をはかることができます。

対処方法と時間

大学受験における英語の試験に対応していくには、前提である英語力を伸ばす必要があります。全体的に知識がものをいいますので、単語力は必須、また、文法の理解も必須です。これらをクリアすることにより、大学受験全体で必要な勉強力の基礎が身につきます。つまり、大学受験の英語の基礎をしっかりと勉強することで他の勉強への刺激となるのです。時間をかけて育てた暗記力はその後も役に立ちますし、文法の理解は、他の言語習得の一助になることでしょう。そして、そこから本格的な大学受験英語の対策をとることは、点数だけでなく文の論理的な書きかたの土台を作りあげます。大学受験英語を勉強していることで、自身の言語習得能力が向上するともいえるでしょう。

相性の良い相手を選ぶコツ

学生

中学生は複雑な時期になるので、親の言うことを聞かなくなりがちです。しかし、信頼できる家庭教師に巡り合うことができれば精神的にも落ち着くようになり自然と学習する習慣を身に着けることができるようになります。

詳細を確認する...