学生

相性の良い相手を選ぶコツ

早期の対策が大切

学生

大学まで進学することが一般的になっている近年、選択肢を増やすためにも早い段階から学力の定着と向上を行う必要があります。中学生になると一般教養科目が細分化されますが、あくまでも義務教育なので基礎的学力の定着を身に着けることになります。中学生の授業内容を理解することができていなければ、高校での学習内容に悪影響を与えることになりかねません。中学生になると部活動に打ち込むことも予想されるので、課外活動と勉強をバランスよく時間配分することが重要になります。通塾の時間を割きたいのであれば、家庭教師に依頼をして自宅で勉強をすると良いでしょう。家庭教師に来てもらうことで、時間を有効活用することができるので学習に割くことができる時間が増えます。

相性の良い先生を探す

家庭教師を依頼するには、家庭教師を派遣している会社に申し込みを行うことが一般的です。中学生は思春期にもなるので、精神的な面でも複雑な対応が必要になります。万が一にも家庭教師の先生と馬が合わないようであれば派遣会社に相談をすれば指導者を変更してもらうことも可能です。子供との相性が良くなければ学習意欲を引き出すことが難しいので、まずは頼りになるお兄さん・お姉さん的な先生を探すようにしてください。コミュニケーションを上手に取ることができれば、自然と学習意欲も湧いてきます。勉強が苦手な子も、指導者との相性次第で成績を向上させることが可能なので子供の様子と学力の経緯を見て判断することが重要なことになります。